よくあるご質問

質問

トランスの定格容量の算出方法は?

回答
単相 ・・・ 容量(VA)=二次電圧(V)x二次電流(A)
三相 ・・・ 容量(VA)=二次電圧(V)x二次電流(A)x√3
質問

トランスの保護協調について?

回答
安全を考慮してトランスの一次側、二次側とも保護機器を設ける必要があります。
一次側はトランスの励磁突入電流を考慮し、二次側は過負荷保護を考慮して選定してください。
質問

トランスの励磁突入電流とは?

回答
トランスは電源投入時の位相により、鉄心が磁気飽和をおこし、瞬間的に過大電流が流れることがあります。これを励磁突入電流といいます。
通常は、最大で定格一次電流の15~30倍(1/2波長)程度の大電流となりますので、一次側の保護機器を選定する場合は注意が必要です。
質問

励磁突入電流対策はありますか?

回答
基本的には、励磁突入電流は発生するものですので、弊社では励磁突入電流を定格一次電流の10倍程度に抑えた突入低減タイプのトランスの製品も準備しております。
質問

静電シールドとは?

回答
トランスの一次コイルと二次コイルの間にシールド板を挿入し、シールド板をアースすることにより、一次コイルと二次コイル間の静電容量を低減させ侵入したノイズがアースに流れ、ノイズの伝搬を防ぐものです。ノイズなどの周波数の高い信号に対して、非常に減衰の効果があります。
質問

トランスの接地について?

回答
安全面を考慮すると必ず必要です。なお、国内や海外で要求される条件は対象となる規格によりかなり違います。
質問

三相トランスの結線にはどんなものがありますか?

回答
人-人、人-△、△-人、△-△、スコット結線、V-V結線、V-逆V結線等いろいろあります。利用される負荷や条件により適当な結線を選択できます。
質問

オートトランス(単巻変圧器)とは?

回答
オートトランスは一次コイルと二次コイルの一部を共通化して、小型軽量にしたトランスです。また効率がよく、電圧変動率の小さいトランスになります。一方不利な点はノイズは素通りで、一次二次は絶縁されていないので、場合によって低圧側であっても高圧側の電圧がかかる可能性があり、それにより感電事故や負荷の装置を破損する事態が起こりえます。
質問

ノイズフィルタと比べてノイズ減衰トランスの特徴は?

回答
一次側と二次側が絶縁されていることにより、コモンモードノイズの減衰が大きく、リーク電流が小さいという点が特徴です。
質問

海外向けのトランスについて

回答
海外向けのトランスは基本的にはそれぞれの国の規格に対応したものが、必要となりますが、弊社としては北米向け(USA、カナダ)のUL規格認定トランス、欧州向けのEN規格のTUV認証トランスの製品群を用意しており、かなりの範囲で使用していただけると考えております。
質問

UL規格トランスについて

回答
弊社では ULリコグニションのトランス製品群を多数用意しております。ULリコグニション製品は部品レベルのUL認定品であり、お客様にて最終規格に適合するように対応していただく製品です。
質問

CSA規格とは

回答
CSA規格はカナダの国家規格です。ただし、ほとんどがUL規格と同じ内容のものが多く、弊社では、ULがCSA規格に適合していると認定したc-UL認定品を用意しております。
質問

ロシア向けトランスについて

回答
ロシアへの輸出に際しては、EAC規格に対応したものが必要です。弊社ではEAC認証品の製品群を用意しておりますので仕様の確認をしていただいてご用命ください。
質問

JIS規格トランスついて

回答
JIS規格はIEC規格と整合性をとるように変更しつつあります。そのためJIS規格のトランスはIEC規格に対応するものであれば、同等になると考えられます。
質問

中国向けトランスについて

回答
中国のCCC規格としては現在トランスは対象外です。中国への輸出を考慮するならば、IEC規格に対応したものを使用されることをお勧めいたします。
質問

RoHS対応について

回答
弊社のトランスはRoHS対応可能であり、注文時にご指定いただければ供給可能です。
簡単お問い合わせ

布目電機株式会社

「本社」
〒454-0943
愛知県名古屋市中川区大当郎2-1107

「佐織工場」
〒496-8003
愛知県愛西市千引町郷浦104

代表挨拶 会社沿革 環境方針 会社概要
  • 採用情報
  • 取り扱い店一覧
ご相談・ご質問もお気軽にどうぞ 052-301-6851 052-301-6655 簡単お問い合わせ
製品カタログ

営業日情報

品質・環境方針

品質・環境方針
ページトップに戻る