製品情報

UL規格認定品

アメリカ各州や自治体が独自に安全基準を制定しており、安全規格の要としてNFPA規格やNECコードと共により具体化されたUL規格が多くの州や自治体で採用されています。製品のUL規格適合性が認められれば安全性に関して高い評価が受けられ、製造物責任(PL法)でも有利になります。カナダではCSA規格の対応としてCUL規格の認定品がございます。
当社では、変圧器及び工業用制御パネル部門でUL認定を取得し、製品のシリーズ化を実現しました。

「特徴」

UL5085または、UL1561安全試験をクリアし、製品認定を取得。
北米向けに安心して使用可能。
1品⽬1型式として広範囲にわたりシリーズ化。

「規格」
UL506 Dry-type General Purpose Transformers
UL1561 Dry-type General Purpose Power Transformers
File No. E171778 E177133
E179651 E208735
Component IEC61558:UL file No.E208735
UL506について 2008年4月にUL1585、UL506、CSA22.2.NO66が統合となり、
UL5085にトランスの規格番号が変更となりました。
旧規格のUL506で評価された製品の規格表記はUL506のままで継続認証されております。
一部製品に関しては、UL506の表記になっております。
「型式の決め方」
NE 1 2 3 4 UL 5 6 - 7 8
1相数 S=単相 T=三相
2絶縁種 B=B種 H=H種
3容量 1,000=1kVA 010=10kVA 0100=100kVA
4テーブルコード 型式については本社営業部にお問い合わせください。
51次側電圧コード
62次側電圧コード
72次側電流コード
8結線(三相)コード

各コード内の1次および2次電圧より必要な電圧の組み合せが出来ますが、⼨法表に記載された標準仕様を推奨としております。 任意の電圧を選択された場合、⼨法表に記載された型式と異なる為、本社営業部まで「お問い合わせ」ください。

UL規格認定品の製品情報はこちら
簡単お問い合わせ

海外規格適合品

EN・UL規格製品の第三者認証機関で、認証経験を⽣かして各規格に準拠して製作したトランスです。認証品と同等の品質及び⽣産管理に基づいて製作しており、CEマーキングや絶縁システムのリコグニション認定対応が可能です。
(※CEマーキングにつきましては事前に御相談ください。)

各種規格について

IEC規格・・・・・・・・IEC61558準拠(⾃⼰宣⾔書発⾏)
EN規格・・・・・・・・・EN61558準拠(⾃⼰宣⾔書発⾏)
UL規格・・・・・・・・・UL5085準拠(リコグニションマーク表⽰)
絶縁システム認定(ファイルNo.E179651 )

IEC規格適合品、EN規格適合品、UL規格適合品、W(ダブル)規格適合品としてお客様のご要望にお応えできる製品を製作いたします。

「型式の決め方」
T H 010 E K A
1 2 3 4 5 6
1相数 S=単相 T=三相
C=スコット結線 V=V逆V結線
2絶縁種 E=E種絶縁(EN規格のみ) B=B種絶縁 H=H種絶縁
3容量 1,000=1kVA 010=10kVA 0100=100kVA
4適合規格 G18=EN規格+UL絶縁システム(B種絶縁)+IEC規格+JIS規格
G16=EN規格+UL絶縁システム(H種絶縁)+IEC規格+JIS規格
E=EN規格適合
5端子台形状 U18=UL絶縁システム(B種絶縁)
U16=UL絶縁システム(H種絶縁)
K=ブロック端子(TXシリーズ)
W=ブロック端子(WDUシリーズ)
L=リード線
X=その他
6三相結線 A=⼈-△
B=⼈-⼈
C=△-⼈
D=△-△
単相Oタップ O=単相Oタップ追加の場合のみ
簡単お問い合わせ

耐雷トランス

「特徴」

トランスの1次2次間の絶縁強化やシールドにより絶縁性能の高いトランス構造とアレスタ(SPD)などを付加する事により、雷サージが侵入した時に大幅に減衰させトランスの2次電圧を制限電圧以下に維持するトランスです。

簡単お問い合わせ
簡単お問い合わせ

布目電機株式会社

「本社」
〒454-0943
愛知県名古屋市中川区大当郎2-1107

「佐織工場」
〒496-8003
愛知県愛西市千引町郷浦104

代表挨拶 会社沿革 環境方針 会社概要

採用情報

  • 新卒採用
  • 中途採用
  • パート・フルタイム
  • 取り扱い店一覧
ご相談・ご質問もお気軽にどうぞ 052-301-6851 052-301-6655 簡単お問い合わせ
製品カタログ

営業日情報

品質・環境方針

品質・環境方針
ページトップに戻る